無駄吠えをしないようにしつけましょう

犬はよく無駄吠えをすることがありますが、このような無駄吠えをしないよう
にとしっかり「しつけ」をすることは大切です。
では、いつからしつけを始めるればいいのでしょうか?
やはり、子犬を飼い始めた日から始めるのがいいのではないでしょうか。

子犬の頃から飼い始めると、子犬は親兄弟から離れたばかりでさびしい思
いをしている時期となります。そうなると飼い主側もついつい可哀想だと
いう思いが先立って、つい甘やかしてしまうような結果になると思います。

例えば、夜中にケージの中でないていたら抱いて外に出してあげたいと思
うだろうし、甘えさせてあげたいと思う気持ちも働くかもしれません。
もちろんこれも大事ですが、飼い主の優しさが子犬に伝わるということ自
体が大事な事だと思います。

しかし、この甘やかす行為が犬の無駄吠えのしつけには逆効果になってい
るというのです。犬は吠えることで人間が自分を甘やかしてくれるという
認識を持ってしまう可能性がありますから甘えたいときには吠えたりして
しまい、結果吠え癖がついてしまうということになるのです。

無駄吠えのしつけのしかたですが、なるべく無視することです。
あま
りにも吠え続けるようであれば、一言「コラ」と叱ってもいいと思います。

こうしておかないと、吠えている声が近所迷惑にもなってしまいますから
ね。

どういうしつけの仕方でもいいとは思うのですが、まずは吠えても無視を
する事、吠え続けるようなら必ず一喝するというやり方を何度も繰り返し
行っていくのが良いのではないかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。