キャンプ場・ドッグランでの注意事項

最近のキャンプ場では、犬連れで参加できるように、ドッグランが用意してあるところが増えてきました。
そこで、犬連れでキャンプを行なうときに注意することや、ドッグランでの気をつけたいことを、少し挙げたいと思います。

キャンプ場にペット犬を連れて行くには、犬が健康であることがとても重要です。
必要な予防接種を受けているか、皮膚病や伝染性などの疾患がないか、ノミやダニなどが著しくいないかを、しっかりと確認してください。
また、闘犬などのような、他の方が怖がらせてしまう可能性のある犬種は、利用できない場合があります。

場合によっては、ドッグランに管理人がいないキャンプ場もあります。
管理人がいる場合でもいない場合でも、ペットの行動と周りによく注意をし、飼い主が責任をもって利用してください。

他の犬がドッグランに入っている場合は、まずリードをつけたままで、他の犬とケンカにならないか確認してから、リードをはずすようにしましょう。
まだドッグランに慣れていないような犬や飼い主さんは、リードをはずさない方が良いです。
また、しつけがきちんとできてない犬も、簡単にリードをはずさない方が良いでしょう。

攻撃的な性格の犬種や発情期の犬は入場することができません。
犬が興奮しているようなら、落ち着いてから入場するかリードをはずすようにしましょう。

ドッグランの中で排泄してしまったら、速やかに回収してください。
散水できるようならしたほうがよいでしょう。
ペット犬が他に迷惑をかけるような行動をしていたら、速やかに対処してください。

ペットも飼い主さんも楽しくドッグランを利用するには、飼い主さんが責任を持って、犬から絶対に目を離さないで、事故にならないようにしっかり注意することが大切なのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98380616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。