散歩・出かけるときのマナー

社会の中で、愛犬が歓迎して受け入れられるために、ひとりひとりの飼い主さんが責任を持ち、マナーをしっかり守って飼うことが重要なのです。

それでは、お散歩のときやお出かけの時のマナーを紹介します。
まず持ち物についてですが、ちょっとした散歩だからといって、手ぶらで出かけるのはNGです。
毎日の散歩に必要なものは、ウンチを入れる袋、トイレットペーパーや新聞紙、飲料用の水とオシッコ・ウンチを流すための水、これらは必ず持ち歩きましょう。
また、お出かけをするときは、ペット用の水筒、トレーニング用のフードやおやつ、ロングリードなどを持って行きましょう。
ウェットティッシュがあると重宝します。

散歩中は、常にリードをつけるようにしましょう。
リードをつけてないと、犬をコントロールすることができず、他の人にケガをさせるなど、迷惑をかける危険性があります。
また、犬が車道に飛び出してしまうという危険性も少なくありません。
このような事故を起こさないためにも、必ずリードは装着するようにしましょう。

ロングリードを使用するときは、周りに迷惑がかからないか確認してから使用してください。
ただ、ロングリードを使用できるのは、飼い主が名前を呼んだら戻ってこられる犬に限ります。

ウンチやオシッコは、他の人に迷惑がかからない場所を選びましょう。
そして、散歩中にしたウンチは必ず持ち帰って、トイレに流すようにしましょう。
ウンチを放置すると、悪臭や景観に関わる問題だけでなく、細菌や寄生虫の感染という可能性もあるのです。
また、常に水をペットボトルなどに入れて持ち歩くようにし、ウンチで道が汚れた場合や、オシッコをしたときは流してください。

飼い主さんが周囲のことをしっかりと考えることで、愛犬が社会に気持ちよく受け入れられることができるでしょう。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。