犬を飼う前の留意点

【犬を飼う前に】-----------------------------------------------------

◎ マンション基本的に部屋が汚れる、躾に問題があると周囲に迷惑がかかると
いうのでペット不可のところが多い。分譲、賃貸を問わずしっかり確認。

◎ 戸建て持ち家の場合は勿論問題はありませんが、賃貸にせよあまり注文はつ
かないようですね。でも、周辺とのトラブルには十分注意しましょう。

【犬選びのポイント1】--------<大型犬・小型犬>---------------------

◎ 大型犬は十分な運動量を日量的に確保できるかがポイント。マンションなどで部
屋が狭くて困るといっても、野外で十分な運動を満喫できる環境をつくることが出来
るのであれば問題はないでしょう。 ただし、躾(しつけ)がうまくいなかないと、吠えたり、
噛んだりとトラブルを招きやすいので十分留意が必要です。

これを凌ぐ覚悟がなければ止めた方が無難です。 力が強いぶんトラブルやケガに結
びつきやすい。そういう意味では小型犬のほうが初心者向きともいえる。とはいえ小
型犬がおとなしいというわけではないので、やはりしつけは必要。 性格的にはおっとり
した犬が多いが、何せ大型ですから世話や移動には以外に手間はもちろん、食費な
どでもお金もかかります。 また、飼い主自身の病気や老後のケアなどを考えると、女
性のひとり暮らしや、車のないご家庭には不向きだといえるのではないでしょうか。

 ◎ 小型犬は、神経質な犬が多いとされています。従って、かんだり吠えたりする傾向も
強く、最初の躾が肝心です。運動量は犬種によって差があるものの、どの犬も散歩は絶
対に必要です。小さな犬ほど、家だけで飼っている人も多いのですが、ストレスなどトラブ
ルを招きやすくなります。十分散歩の時間を作りましょう。

 【犬選びのポイント2】--------<長毛種・短毛種>----------------------

◎ 長毛種は、美しい被毛をキープするために、毛玉ができないように毎日ていねいにブ
ラシをかける必要があります。犬と日々接する点での手入れは、やはり短毛種の方が手
軽です。 犬種によっては定期的なトリミングも必要になり、その点では意外な出費もあり
ます。
ただし、抜け毛に関しては毛の長短は関係ありません。抜け毛の多い犬種は、カーペット
や衣服に相当の毛が付きやすいのでこまめな掃除が必要dすのでご注意下さい。

(参考) 柴犬やパグのように非常に毛の短い犬種も、抜け毛は意外と多いので十分ペット
販売店とご相談下さい。

【犬選びのポイント3】--------<オス・メス>--------------------------

◎ これはあくまで一般的で個差がある点をご了承下さい。メスは、陽気で甘えん坊だが、
やや気難しさを持ち合わせる。オスは、活発で、縄張り意識やライバル意識が強くでがち
で、ほかの犬に向かっていく攻撃的な面が強くなります。

この傾向は、早いうちからの去勢・避妊手術を前提に飼うのであれば状況も変わるという
指摘もあります。避妊手術をしない場合、メスは定期的な発情期のケアが必要でしょう。
はじめての人には、「メスのほうが飼いやすい」ともいわれますが、肝心なのは躾と飼い主
の相性の問題。 傾向的に、男性の飼い主はメス犬を、女性はオス犬とうまくいくケースが
多いとも・・!?

【犬選びのポイント4】--------<純血種・雑種>------------------------

最近は犬を飼うというと、純血種を飼うことをイメージしがちですが、かつては雑種を番犬と
して飼っていましたね。ミックスだからといって訓練性に劣るなどということは全くありません。
あなたが、十分に愛情を注いであげれば、どちらもベストパートナーとなるでしょう。

◎ 純血種犬種ごとに特徴を十分理解して、それに応じた生活を提供してあげるこが大
切です。また、純血種では、その犬種特有の遺伝病に悩まされることも多い為、遺伝的
な病には予めしっかりチェックしているショップやブリーダーから購入することが良いでしょう。

◎ 雑種飼い犬がどこかで交配して各家庭で生まれていることが多い為、比較的大きくな
るまで母犬や兄弟犬と過ごし、人間とふれあい、日常の生活音も耳にしていることになり
ます。従って、十分に社会化されている場合が多く、新しい家庭にも馴染み易いといえる
でしょう。

但し、成犬になった時のサイズが推測しづらいので、気になる方は、両親の大きさが分かっ
ている方が良いでしょう。

タグ:ペット 愛犬

快適ベット

◎ 犬にやさしい、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策
  世界初!水循環型ペット用冷房・暖房快適ベッド

---------------------------------------------------------------

夏はひんやりと、冬はじんわり暖かな、ペットにやさしい「冷暖ベッド」があります。

そのうえ、環境にもやさしい半導体素子の力で、スイッチを入れても、とても静か。

眠りを妨げることがないのは、あなたの愛犬にとって何よりの配慮ではないでしょうか。

こうしておけば、あなたがお出かけの時もクーラーや
暖房を入れっぱなしにする必要もありません。


 世界初!水循環型ペット用冷房・暖房快適ベッド


を愛犬のスポットサイズ使いこなして、まさに効率的に冷暖房を効かせることができます。

 あなたの愛犬のために、3つのサイズがあるそうです。

無理のない犬にとって快適サイズが、まさに最適なサイズとなることでしょう。

 今年から愛犬の体を考えて、早速対策をなさっては如何でしょうか。

 

 世界初!水循環型ペット用冷房・暖房快適ベッド

 

世界初というのがいいですね。

飼い方の注意点

犬を飼う際のアドバイス
-------------------------
◆ 寒さ暑さに気をつけてください。
特に子犬の時は体温調節が苦手ですので、十分配慮しましょう。

◆ 身近に信頼できるかかりつけの獣医を見つけましょう。

◆ 犬は散歩がとても楽しみです。
大きさにもよりますが、一日30分程度は散歩しましょう。
また、マナーには十分配慮して下さい。
散歩中のウンチは必ず持ち帰りましょう。

◆ 新しく飼う犬の他に既に犬猫を飼っている場合、
慌てず、ゆっくり時間をかけて仲間にしてください。

【食べさせないように注意】
◆ 犬猫にとってタマネギなどは毒です。
ハンバーグなど肉に混ざっていると食べますの注意が必要です。

◆ 猫がイカ、アワビを食べると激しい下痢や皮膚炎をおこす
ので与えないで下さい。

◆ 味のついた食べ物は肝臓・腎臓病の原因です。
犬猫は人よりも肝臓・腎臓が弱いので気をつけましょう。

◆ 牛乳に含まれる乳糖は下痢の原因となります。
下痢になると栄養が吸収されないため極端に体力が落ちます。
必ず犬猫用のミルクを与えてください。
タグ:飼い方

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。