犬の食事について

みなさんは、愛犬にどのような食事を与えていますか?
愛犬の健康のためにも、毎日の食事について気になると思います。
それでは、犬の食事についての情報を少し紹介します。

ドッグフードの種類を大きく分けると、ドライフード、モイストフード、そしてウェットフードがあります。
ドライフードとは、一般的に広く使用されている固形フードのことです。
あごの筋肉をほどよく使い、歯垢が付きにくいのが特徴です。
モイストフードは、賞味期限が短いことが短所ですが、水分含有量が多く、柔らかくて食べやすい食感です。
ウェットフードとは、主に缶などに詰められていて、水分を多く含んだフードです。
缶詰なので、未開封で長期保存することができますが、開封した後は速やかに使い切ってください。

おやつについては、おりこうさんにできたらある程度あげましょう。
おやつにも、さまざまな種類のものがあります。
たとえば、ビスケットやジャーキー、チーズ、さつま芋や砂肝など、いろいろな食材があります。
おやつを与えたら、その分主食の食事を減らすようにし、栄養バランスを整えましょう。
また、飲料用の水は、常に飲めるように用意し、いつも清潔に保ちましょう。

犬に与える物についてですが、普段人間が食べている物は、与えないでください。
人間にとっては安全なものでも、犬にとってはそれが危険なものである場合が多いのです。
また、犬には骨というイメージがありますが、噛み砕いた細かい骨が、食道などに刺さることがあり、とても危険です。
だから、食事には骨をあげないほうが良いでしょう。
基本的には、ドライフードやモイストフードが、犬に必要な栄養素を含んでいるので、それらの食べ物を与えるようにしましょう。

食事の与え方

犬に食事を与えるにも、さまざまな種類ドックフードがあり、迷ってしまうと思います。
だから、犬が好むようなもの、品質の良い食材を使用したフードを選んで与えましょう。

犬は、味わうというより、おいしいにおいにつられてよく食べます。
餌を温めるとにおいが強くなるので、お湯で餌をふやかしたり、電子レンジで温めたりしてあげてください。
その場合、熱すぎないように、よく確認してから与えてください。

餌のあげ方ですが、1日に2回以上に分けて与えるようにしましょう。
1日1回だと、すごい勢いで一度に多く食べ過ぎてしまい、消化しきれなくてもどしてしまう場合があります。

また、餌を2匹以上にあげる場合は、平等に与えることが大切です。
食器をそれぞれに用意し、それを少し離してから与えてください。
一緒にあげてしまうと、力の強い方が奪い取ってしまい、食べる量に違いが出てきてしまいます。
そして、栄養バランスが乱れてしまうので、注意してくださいね。

餌を与える時間は、いつも決めておくことが大切です。
また、餌が残っていても、ある程度時間が経ったら、引き上げてしまいましょう。
いつでも餌を食べられる状態にしていると、犬は餌を飼い主にもらっていることを忘れ、主従関係が崩れてしまいます。
そして、餌を与える前は、「おすわり」や「待て」などの命令をし、ちゃんとできたら与えるようにしましょう。
このようにすることで、飼い主の命令に従うことで餌がもらえることを学習し、犬と飼い主との主従関係が築けるのです。

犬の餌は、飼い主が与えるものなので、しっかりとした食事内容でなければ、病気にさせてしまったり、寿命を縮めたりする原因になることもあります。
飼い主がある程度の正しい知識を得て、責任をもって餌を与えることによって、愛犬がいつまでも元気でいられるのです。

「アニマルプラザ 犬のようちえん」とは

犬を飼っていると、いろいろと悩みも多いと思います。
どうやってしつけたらいいのか、全く言うことを聞いてくれない、しつける時間がない、などのことで困っている方は少なくないでしょう。
そんな飼い主さんを救ってくれるのが、「犬のようちえん」という施設です。

「アニマルプラザ 犬のようちえん」は、 日本初の「犬のようちえん」で、東京や大阪などに5箇所あります。
わんちゃんは週に1〜3回通園して、一日中、先生やわんちゃん友達と遊んだり、お散歩したりしているうちにマナーを身につけていきます。
決して厳しく訓練するのではなく、楽しくわんちゃんの個性を引き出す教育だから、わんちゃん自身が率先して学ぼうとし、見る見るうちに成長します。

「犬のようちえん」には、10匹以上のわんちゃんがいつも集まっています。
そして、他のわんちゃんとコミュニケーションをとる、という楽しさを身につけさせます。
これにより、近頃増えている「犬見知り」や「人見知り」、「キレやすい犬」になるという心配がなくなります。
それだけでなく、とても素直でおりこうなわんちゃんに成長し、みんなから親しまれる人気者になれるかもしれません。

トレーナーは、毎回その日にあったことを連絡帳に書いて報告してくれます。
だから、わんちゃんの「ようちえん」での様子や成果をしっかりと確認できます。
また、復習をかねて帰宅後に自宅で、飼い主とトレーナーが一緒になってしつける出張レッスンもあります。
このように「アニマルプラザ 犬のようちえん」は、決して預けっぱなしというわけではないので安心です。

イベント豊富な「鳥羽わんわんパラダイスホテル」

伊勢志摩の玄関口「鳥羽わんわんパラダイスホテル」は、全室わんちゃん連れOKの、国内最大級のペットと一緒に泊まれるリゾートホテルです。
ペット連れ専用のホテルだから、ペットとの初めての旅行という方も安心です。
ホテルには、犬用プールやドッグランもあり、わんちゃんも大満足です。
ホテルの正面には鳥羽湾が広がっていて、わんちゃんと一緒に貸し切りクルージングを楽しむこともできます。
あなたのわんちゃんが、ガーデンやプールでおもいっきり遊ぶ姿が見られる、そんな夢のような時間を過ごすことができるリゾートホテルなのです。

4月1月〜10月31日の期間は、わんちゃんと一緒にプールで水遊びを楽しむことができます。
小さいわんちゃん専用に小さなプールもあるので、大きなわんちゃんが苦手な子でも安心して遊べますよ。
また、泳ぐのが苦手な子や初めての子は、ライフジャケットを用意してくれるので、心配いりません。
これは、泳げるようになるチャンスかもしれませんよ。

おいしい夕食を堪能した後は、愛犬サロンに集まってください。
「わんこ交流会」や「わんわんゲーム大会」が毎日開かれているので、お友達づくりに是非参加してください。
「しつけお悩み相談」なども行なっているので、参加する価値大ですよ。
入場料は無料で、入・退場は自由です。

また、「鳥羽わんわんパラダイスホテル」では、ホテルの貸し切りボートで、鳥羽湾をわんちゃんと一緒にクルージングを楽しむことだってできるのです。
希望の方は、前日までに予約してください。
1組(1名〜4名様まで)の料金は、30分で合計4,000円/30分
日帰りの方は、合計5,000円です。
きっと素晴らしい思い出になるので、是非申し込んでくださいね。

ペット連れ宿泊のマナー

最近では、ペットと一緒に宿泊できる宿が増えてきています。
しかし、ペットと宿泊できる宿だからといっても、自由に何でもしていいわけではありません。
それぞれの宿にはルールがありますし、それを守らなければいけない当然です。
時々ルールが守れず、マナーがとても悪い方もいます。
しっかりとマナーを守ることが、ペットと一緒に楽しい旅をする基本なのです。
それでは、最低限守って欲しいマナーをいくつか挙げます。

宿に入る前には、ペットの排せつを済ませておきましょう。
また、飼い主さんは、ペットの排せつのリズムをちゃんと確認しておくことも大事です。

玄関先では、ペットの足をしっかりと拭いてから館内に入るようにしましょう。宿によっては、わんちゃん用の足洗い場がある所もありますが、 無い時のために、タオルなどを常に用意しておくといいです。

予約する時には、宿の方にそこのルールを確認しておきましょう。
宿によって、ルールはそれぞれです。
宿に到着してからも、再度確認しておくと、トラブルの心配も少なくなります。

ペットがフンをしたときは、飼い主さんが持ち帰るのが常識です。
宿によっては、わんちゃん用トイレやゴミ箱が設置されている場合があるので、その場合は指示に従って使わせてもらいましょう。

客室に入ったら、家にいるような自由な行動はやめましょう。
他のお客さんも使うことを、しっかりと頭に入れておくことが大切です。
そして、チェックアウトする時は、簡単に掃除しましょう。粘着コロコロなどで抜けた毛を取り、トイレの始末・消臭スプレーくらいは、最低限忘れずにしましょう。

しっかりとルールを守ることで、わんちゃんも飼い主さんも、楽しい旅行になるはずです。
せっかくの旅行が台無しにならないためにも、絶対にマナーは守りましょう。

ペット同伴OKの「餃子こうげん倶楽部」

静岡県伊東市にある「餃子こうげん倶楽部」は、ペット同伴OKで家族みんなで食事を楽しむことができます。

「餃子こうげん倶楽部」のおすすめは、やはり手作り餃子なのですが、わんちゃんのために安全食材を選び抜いて作る「ワンちゃん餃子」もあります。
使用する食材は、豆腐、白菜、小松菜、人参、鶏肉です。
わんちゃん用といっても、皮から手作りで具はジューシーで本格的です。
飼い主さんも食べられますよ。

カウンター席は、ゆったりと6席あり、店長さんとのお話を楽しむこともできます。
テーブル席は、わんちゃんと同席できるように、大きいテーブルに17席あります。
店内には座敷もあり、他のわんちゃんが苦手な子は、この座敷で飼い主さんとゆっくりくつろいでください。
天気の良い日は、海を見渡すことができるデッキで、安らぎの時間を過ごしてください。
5月には、見事なバラが観賞できますよ。

「餃子こうげん倶楽部」には、わんちゃんの遊び場もあります。
足洗い場もあるので、安心しておもいっきり遊んでください。

もちろんお食事は、厳選した食材を使用して、愛情のこもったメニューばかりです。
たとえば、530円の塩ラーメン・醤油ラーメンは、西伊豆松崎の地下1000mの深層水を使用し、昔ながらの製法で丁寧にじっくり作られます。
できあがったスープは澄んでいて絶品です。
また、自慢の餃子は「すい餃子」「あげ餃子」「えび餃子」「空とぶ餃子」など10種類もあります。

わんちゃんも飼い主さんも大満足間違いなしの「餃子こうげん倶楽部」へ是非行ってみてください。

「伊豆ドッグランド」のドッグラン

「伊豆ドッグランド」は、大きさ約2800平方メートルのドッグランを、わんちゃんがリードなしでおもいっきり遊べます。
ドッグランには、わんちゃんの大きさを問わない「フリーエリア」のほかに、「小型犬専用エリア」や「大型犬専用エリア」、「初心者エリア」もあり、それぞれのわんちゃんに合わせて、安心して遊ばせることができます。
また、フリーエリアには「サンルーム」が設置されていて、寒い日や天気の悪いでも、暖かくて雨の心配もいりません。
ドッグランに慣れてないわんちゃんは、まずは「初心者エリア」で慣れてから利用しましょう。

また、「伊豆ドッグランド」には、 森林の中を散策しながら、ドッグランを楽しめる「林間コース」もあります。
「林間コース」の中には、3個所の自然を生かしたドッグランが完備されています。
ドッグランまでの道のりは、少し高低差がありますので、ゆっくりと進んでください。

入り口を200mくらい進んでいくと、雑木林に囲まれた「林間第1ドッグラン」があります。
ネットで周りを囲んであるので、外へ出て行ってしまう心配はいりません。
イスも設置してあるので、ゆっくりとわんちゃんが遊ぶ姿を見ていられます。
このドッグランは、起伏があるのでわんちゃんはとても喜びます。

そこからさらに30m程進んでいくと、「林間第2ドッグラン」があります。
こちらは、「林間第1ドッグラン」よりネットを高くしてあるので、ジャンプ力があるわんちゃんでも思いっきり遊ぶことができますよ。

「第2ドッグラン」から300m程下って行くと「第3ドッグラン」が見えてきます。
ここには、プールもあるので、夏場はわんちゃんと森林浴しながら水遊びできます。

「林間コース」は、わんちゃんにとって、とても好奇心を湧きたてるものだと思うので、是非体験してみてくださいね。

愛犬同伴OKの「野外博物館 リトルワールド」

愛知県犬山市の「野外博物館 リトルワールド」では、決められたルールを守れば、わんちゃんも一緒に一日世界旅行を楽しむことができます。
リトルワールドで定められたルールには、短くリードを持つ、決して犬を放してはいけない、必ず排泄物は自分で処理する、発情期の犬は入館できない、禁止された場所には入らない、などですが、マナーとして当然守るべきことばかりです。

「リトルワールド」は、2002年12月から愛犬の同伴を認めています。
このことは、ホームページでPRするくらいでしたが、口コミでどんどん広まり、愛犬同伴で入場する方が目立つようになりました。
連れている犬の種類も、チワワやゴールデンレトリバーなどさまざまです。
飼い主さんと一緒に2.5キロの周回路を歩いたり、世界各国の家の前で写真をとったり、とっても楽しい時間を過ごすことができます。

「リトルワールド」では、ワニやダチョウの料理など、世界各国の珍しい民族料理を食べることができますし、海外から来たサーカスやイリュージョンを、目の前で見ることができます。
世界の本物の民族衣装を着て、記念撮影をすることもできます。
ちなみに、野外展示家屋や飲食、イベント中の野外ホールには、わんちゃんは入れないので、注意してくださいね。
また、民族衣装を試着している時には、わんちゃんを抱かないようしてください。

「リトルワールド」では、近年わんちゃんを連れて入場する方が急増しています。
全国でも愛犬家に有名な、人気スポットになるかもしれませんね。

とても便利な「DOG BAG」

遠出のお出かけに、わんちゃんも一緒に連れて行く、という方は多いと思います。
でも、長時間のドライブは、わんちゃんにとって大変なことで、静かにはしていられない子も多いでしょう。
車内でわんちゃんがウロウロされては、ドライバーにとっては、落ち着いて運転に集中できず、とても危険です。
また、いつもと違う慣れない所での宿泊は、わんちゃんにとって大きな負担になります。
やはり、どこに行っても、慣れたいつものハウスで過ごすのが一番ですよね。
そこで、わんちゃんのハウスとしても、お出かけ用のバッグとしても役立つ、「DOG BAG」を紹介します。

「DOG BAG」の本体には、安全ベルトがつけられていて、シートの上や荷台の上でも固定できるようになっているので、安定性に優れており、とても安全です。
また、アウトドアやわんちゃん用のテントとしても使用できるように、固定用フックがつけられています。

この「DOG BAG」は、簡単にコンパクトに折りたたむことができます。
折りたたむと、リュックの中に収納することができ、しかもとても軽量なので、持ち運びが楽チンです。
また、リュックに付いているポケットには、お散歩グッズやフードを入れられるので、とても便利です。

さらに、防水性に優れており、わんちゃんが噛んでも破れにくく、とても頑丈な構造になっています。
だから、どんな状況にも耐えられます。

そのほかの特徴として、爪で車を傷つけないようにバンパーガードがありますし、ネームタグが反射板になっているから、夜間の使用時にも安全です。

サイズは、超小型のわんちゃんから大きなわんちゃんまで豊富にあります。
いつでもどこでも持ち運べられる「DOG BAG」で、わんちゃんも飼い主さんも、快適にお出かけが楽しめるでしょう。

高速道路にあるドッグラン

わんちゃんも一緒に、高速道路を使って快適にドライブするためには、休憩をとることが必要です。
ドライブ途中のサービスエリアで、自由にゆっくりとわんちゃんを遊ばせることができるのら、飼い主さんもうれしいですよね。
最近では、高速道路のサービスエリアに、ドッグランがあるところがあります。
それでは、ドッグランのある高速道路を少し紹介したいと思います。

東北自動車道の那須高原SA下り線には600平方メートルのドッグランがあります。
上り線のSAにはドッグランはありませんが、犬のゴミ・ウンチ入れや、ゴミを拾うためのシャベルやポリ袋が用意してあります。
それだけでも、とても便利ですよね。

関越自動車道の高坂SAには、上り下りの間に480平方メートルのドッグランがあります。
ドッグラン内には、わんちゃん専用のゴミ箱もあるので、わんちゃんをお世話して出たゴミを、すぐに処分することができて、とても便利です。
また、出入口には、わんちゃん専用の水飲み場や足洗い場も設置されているので、車を汚すことがなく、わんちゃんも飼い主さんも、気持ちいい気分でドライブを続けられます。

上信越自動車道の佐久平PA(ハイウェイオアシス)には、林の中に2000平方メートルの広いドッグランがあります。
フェンスに囲まれているので、安心して遊ぶことができます。
このようなドッグランは、わんちゃんがリードをはずして、おもいっきり走り回ることができるので、長旅中のわんちゃんのストレス解消になりますね。

また、一部のサービスエリアには、わんちゃん専用のお弁当「どら弁当ポチ」が売られています。
このお弁当は、わんちゃんのために、味付けが薄味にしてあり、とても食べやすい味に工夫されています。
「どら弁当ポチ」の販売価格は630円で、その内容は、国産赤鶏と野菜のスープ、玄米100%の食パン、ナチュラル高栄養素ふりかけ、おやつとしてせんべいです。
わんちゃんもお弁当を食べて、いっぱい遊ぶことができれば、大満足間違いないですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。